スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<沖縄>平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)

 沖縄の本土復帰(1972年5月15日)を記念し、沖縄本島を歩いて平和を願う「5・15平和行進」(同実行委主催)が14日午前、沖縄県内3カ所で一斉にスタートした。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移転先として政府が検討する名護市辺野古では、約600人がキャンプ・シュワブとの境界がある砂浜で出発式を開き「基地のない平和な沖縄を作ろう」と訴えた。

 小雨の中行われた出発式には、名護市長としては24年ぶりに稲嶺進市長が出席。「復帰から38年間米軍基地に脅かされる生活は変わらないどころか、新政権はこの辺野古にくい打ち桟橋方式で基地を持ってこようと画策している。この計画を許してはならない。普天間の早期返還を訴えるため頑張りましょう」と呼びかけた。

 行進は糸満市と読谷村でもスタート。計約3500人が3コースに分かれ、2日間で計91.7キロを歩く。15日に「平和とくらしを守る県民大会」が開かれる宜野湾市海浜公園を目指す。

 辺野古出発の行進に参加した、金沢市の会社員、甲谷(かぶとや)徳幸さん(40)は「航空自衛隊小松基地も嘉手納基地の米軍機の訓練が移転してきて、騒音に苦しんでいる。政府は国内に移設するのではなく、国外に持っていく方向で米国と交渉すべきだ」と話した。【斎藤良太】

【関連ニュース】
<特集コーナー>平和を考える
今、平和を語る:児童文学作家・松谷みよ子さん
<ニュースが分かる>基地の島・沖縄が揺れている 74%が集中
在日米軍再編:普天間移設 「沖縄の負担、全国で」 首相、理想タテに続投
普天間移設:首相、5月末断念…知事会で負担分散要請へ

政府答弁書 輿石氏の農地違法転用で「原状回復措置を講ずべき」(産経新聞)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣(時事通信)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)
たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。